子どものむし歯は最近ではずいぶんとその程度は軽くなってきていますが、依然として罹患率は高い状態にあるといえます。 むし歯原因菌の一つであるミュータンス菌(SM菌)は赤ちゃんの前歯の生えはじめ後の離乳期に多くの場合母親から伝播して定着し、3才以降では保菌者率は急上昇するといわれています。

家庭内でのミュータンス菌の伝播の可能性が指摘されています。 したがってむし歯菌の多いお口のご両親、祖父母から乳歯萠出後の赤ちゃんへの口移しは出来るだけ避けた方がよいと思われます。  むし歯の発生には家族的傾向がみられます。 つまり、むし歯菌の量、質などに加えて、食生活、嗜好、お口への関心度、お口の清掃状態などはご両親を見てお子さんは育つものです。

生後4〜8ヶ月で下の前歯が生え始めます。 この時期は歯を磨く事よりも、口を開けたり歯ブラシの感触に慣れることを目標に遊び感覚でお母さんがお子さんの歯を磨いてあげましょう。 あかちゃんにも乳児用の安全タイプの歯ブラシを持たせてあげるとよいかと思います。 習慣ずけのために食事の時お箸の横に歯ブラシをおき、食後はお母さんと一緒に歯みがきタイムにしましょう。
この時期のむし歯発生の原因の大部分は飲み物むし歯といってもいいでしょう。 第一にお口を清潔にすることです。
一日最低2回お母さんが磨いてあげましょう。特に夕食後(寝る前)は念入りに。
むし歯は寝ている間につくられます!!
2才時のむし歯の好発部位は上の前歯の歯と歯の間と乳臼歯のかみ合わせの溝の部分です。
これを防ぐのには、前歯の間のデンタルフロスによる清掃、乳臼歯のシーラントによる溝埋めの処置が有効です。 第三はそろそろ、フッ素塗布です。フッ素にもいろいろな種類、応用法がありますので、歯科などで相談してみましょう。
基本的には1才半〜2才児と同様です。
3才児では2回のお母さん磨きに加え本人磨きの練習も大事ですね。
行動範囲も広がり、食事やおやつの種類も増えてきますので規則正しい生活習慣が何より大切です。
食生活の多様化によってむし歯の好発生部位にも変化が出てきます。
2才〜3才前半までは乳臼歯の溝ですが後半では乳臼歯の歯と歯の間に出来やすくなります。
勿論定期的なフッ素塗布が大切です。
4才を過ぎると乳臼歯の歯と歯の間のむし歯発生率はじつに50%以上になります。 小児歯科での定期検診でむし歯菌検査 レントゲン検査(年1〜2回)、歯みがき・デンタルフロス・間食指導、フッ素塗布などを繰り返すことが お子さんのお口への関心の向上にもつながります。